柏崎刈羽19年から稼働想定 東電、21年までに順次4基

 東京電力ホールディングスが検討中の収支見通しで、柏崎刈羽原発(新潟県)について、2019年4月から21年5月にかけて4基を順次再稼働させるスケジュールを想定していることが21日、分かった。早ければ月内に政府に申請する経営再建計画「新々総合特別事業計画」に盛り込む。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]