KKR、日米連合で入札 東芝半導体、有力候補に

 東芝製のメモリーチップ=2010年撮影(ロイター=共同)

 経営再建中の東芝が分社化した半導体新会社「東芝メモリ」の売却を巡り、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が産業革新機構や日本政策投資銀行と共同で入札に参加する方向で調整していることが22日、分かった。米ハードディスク大手ウエスタン・デジタル(WD)も合流を検討しており「日米連合」が有力候補になりそうだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]