NY株反発、56ドル高 買い戻し優勢

 18日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日に急落した反動で買い戻しが優勢となり、前日比56・09ドル高の2万0663・02ドルと3日ぶりに反発して取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は43・89ポイント高の6055・13だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]