川重が造船部門の従業員2割削減 事業規模縮小、雇用は維持

 川崎重工業が2020年をめどに造船部門の従業員の2割に当たる約400人の削減を検討していることが19日、分かった。現在の雇用は維持し、退職による自然減や配置転換で対応する。川崎重工は今年3月、不振が続く国内の商船事業の規模を約3割縮小する方針を発表していた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]