イグサ収穫機9年ぶり復活 クボタ、伝統継承へ追い風

 クボタが復活させた収穫機「いぐさハーベスタ」

 畳表の原料となるイグサの生産を後押ししようと、農機大手のクボタが専用の収穫機の製造を業界として約9年ぶりに復活させた。畳の需要減少や中国産イグサの輸入で国内農家が減り、一度は製造から撤退したが、収穫量日本一の熊本県からの強い要望に応えた。海外での日本ブームや2020年の東京五輪も追い風に、伝統産業の継承へ期待が高まっている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]