輸入制限「極めて遺憾」と経産相 WTOの枠組みで対応検討

 世耕弘成経済産業相は9日、閣議後の記者会見で、米国が発動を決めた鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について「極めて遺憾だ」と述べ、世界貿易機関(WTO)の枠組みのもとで話し合いをしていく考えを示唆した。10日にブリュッセルで行われる日米欧の貿易大臣担当会合の際に、対応を協議する考えも示した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]