東証、午前終値は2万2886円 80円安、米政策に懸念

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 14日午前の東京株式市場は米国の通商政策や金融政策が懸念され、日経平均株価(225種)は反落した。下げ幅は一時200円に迫ったが、売り注文の一巡後は買い戻しも入った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]