株安連鎖、欧州不安が再燃 東証、終値2万2千円割れ

 トルコの通貨、リラの紙幣(ロイター=共同)

 週明け13日の東京株式市場は、トルコの通貨リラ急落で欧州の金融不安への警戒感が再燃し、日経平均株価(225種)は大幅に続落した。終値は2万2000円を割り込み、約1カ月ぶりの安値を付けた。前週末の欧米市場からの株安連鎖に歯止めがかからず、外国為替市場では一時1ドル=110円台前半まで円高が進行した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]