グルメの八十八ケ所巡礼 久留米市の99店舗が参加、10月まで [福岡県]

巡礼印を押してもらう「通い帳」
巡礼印を押してもらう「通い帳」
写真を見る

 久留米市の飲食店をスタンプラリー形式で回る「くるめ食の八十八ケ所巡礼の旅」が、10月31日まで開かれている。初参加9店を含めた99店が参加しており、ラーメンやちゃんぽん、焼き鳥、うどん、ギョーザなど、食べ歩きをしながら、久留米のグルメの多彩さが実感できる。

 久留米商工会議所などでつくる「B級グルメの聖地(まち)久留米実行委員会」が主催し8回目。「巡礼印」と呼ばれるスタンプを集めるための冊子「通い帳」があり、参加者は飲食した店で会計時に巡礼印をもらう方式。

 集めた数によって、B級ご当地グルメキューピーストラップ(11店)、クリアファイル(22店)、オリジナルボールペン(44店)、参加店舗名が記されたマグカップ(66店)と手拭い(88店)の5種類の「巡礼の証」がもらえる。

 また、今回は、過去の全店舗制覇者など「達人」とお店を回る「特別巡礼の旅」を2回実施。巡礼の証をもらうごとに応募券が付き、応募した人の中から抽選で参加者を選ぶ。

 通い帳は、各飲食店のほか、商議所、市役所、駅の観光案内所などにもある。

 過去7回のイベントは秋開始だったが、8回目の今回、初めて春(3月25日)から実施した。引っ越しなどで初めて久留米に来た人に参加してもらい、街に親しむきっかけにしてもらう狙いという。久留米商議所商業振興課=0942(33)0214。

=2017/04/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]