伝統芸能の担い手160人熱演 久留米市 [福岡県]

華麗なばちさばきを披露する有馬押太鼓保存会のメンバー
華麗なばちさばきを披露する有馬押太鼓保存会のメンバー
写真を見る

 伝統芸能の担い手が集う第52回久留米芸能大会(久留米芸能協会主催)が18日、久留米市野中町の石橋文化ホールで開かれ、日ごろの稽古の成果を披露した。

 日舞、謡曲、民謡、長唄、太鼓の5部門に協会会員で、主に筑後地区で伝統芸能の継承に取り組む約160人が出演。久留米有馬藩の出陣や隊列、戦場での攻守などを演奏で再現した「有馬押太鼓」を保存会が披露すると、華麗なばちさばきに会場からは盛んな拍手が送られていた。

=2017/06/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]