議場で大型ディスプレー運用始まる 久留米市議会 [福岡県]

久留米市議会の議場正面に設置された大型ディスプレー
久留米市議会の議場正面に設置された大型ディスプレー
写真を見る

 久留米市は、議場改修の一環で、議場内に大型ディスプレーを二つ設置した。本会議のインターネット中継の映像や、一般質問で使う図表などを映し、傍聴者に分かりやすい議会運営を目指す。定例会が開会した2日、運用が始まった。

 ディスプレーは、議場正面(98インチ)と議員席の後方(80インチ)にあり、この日は、議案の提案理由を説明する大久保勉市長が正面に映し出された。

 市は本年度、総額約8400万円をかけて、議場や委員会室の音響やカメラの設備、システムを更新している。

=2018/03/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]