竹灯籠1200本ひな人形彩る 八女・福島八幡宮 10日夜「宵の雛」 [福岡県]

4日にあった「宵の雛」の試験点灯
4日にあった「宵の雛」の試験点灯
写真を見る

 八女市本町の福島八幡宮境内を約1200本の竹灯籠で彩るイベント「宵の雛(ひな)」が10日夜、初めて開かれる。開催中の「雛の里・八女ぼんぼりまつり」の関連行事で、まつり実行委員会は「幻想的な空間を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 筑後市のボランティア団体「まちあかり会」の協力で実施。さまざまなデザインが施された灯籠の明かりの中、ひな人形約100体や桃の花が幻想的に浮かび上がる。

 点灯時間は午後6時半~9時。雨天の場合は縮小。点灯作業をするボランティアも募集している。

=2018/03/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]