遊び…ではありません 大刀洗町役場が「レゴ」使い職員研修 [福岡県]

ブロック玩具で町の未来像を組み立てる職員たち
ブロック玩具で町の未来像を組み立てる職員たち
写真を見る

 遊んでいる? いいえ、研修です-。ブロック玩具「レゴ」を用いて組織の課題や解決策を考えるワークショップ(LSP)が大刀洗町役場であり、約30人の町職員が取り組んだ。

 LSPは2001年にレゴ社で考案され、NASAやグーグルなどが採用しているという。

 3月26日、LSP開発者の著作を翻訳したコンサルタント蓮沼孝氏を講師に招き「10年後の役場の未来像」をそれぞれが思い描いて形づくった。その後「透明性の高い役場」「多様な住民が活躍できる町」など未来像のための仕事を語り合った。

 「限られた人が話す会議と違い、全員参加で考えられた」「何が課題かを見つめ直せた」と職員たち。蓮沼氏は「ぜひ仕事に生かして」と激励していた。

=2018/04/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]