若タカ選手とヒマワリ植栽 筑後市で親子20組 [福岡県]

栗原捕手とヒマワリの苗を植える参加者
栗原捕手とヒマワリの苗を植える参加者
写真を見る

 筑後市津島のHAWKSベースボールパーク筑後で19日、福岡ソフトバンクホークスの若手選手2人と、公募で選ばれた親子連れ約20組が一緒にヒマワリの苗と種を植えた。

 筑後市と球団が結んだ包括連携協定に基づき、ファームの試合観戦に訪れた人たちをヒマワリの花で歓迎しようと昨年に引き続き実施した。約500本の花は8月に咲く予定。

 植栽には栗原陵矢捕手(21)と九鬼隆平捕手(19)が参加。栗原捕手と一緒に苗を植えた羽犬塚小2年の伊藤佑月さんは「試合を見に来たときに花が咲いているのが楽しみ」と話していた。

=2018/05/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]