夏の風物詩「土曜夜市」 初日からにぎわい 久留米・中心商店街 [福岡県]

多くの人出でにぎわうアーケード
多くの人出でにぎわうアーケード
写真を見る
目当ての水風船をすくう子どもたち
目当ての水風船をすくう子どもたち
写真を見る

 久留米市中心商店街の夏の風物詩「土曜夜市」が23日、始まった。西鉄久留米駅前から久留米シティプラザまで約800メートルのアーケードは、家族連れや浴衣姿の若者たちでにぎわった。

 周辺の10商店街でつくる「久留米ほとめき通り商店街」が主催し、今年で49回目。かき氷や焼き鳥、焼きそば、ダーツゲームなど80を超える露店が並んだ。

 水風船を糸で引き上げるヨーヨー釣りには多くの子どもたちが集まり、真剣な表情で挑戦していた。久留米市津福本町の有冨悠人君(4)は「いつも来ていて、始まるのが楽しみだった。くじびきもしたい」と笑顔で話した。

 土曜夜市は7月28日までの毎週土曜日の午後6~9時に開かれる。

=2018/06/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]