涼求め「滝開き」に家族連れ歓声 うきは市・調音の滝公園 [福岡県]

水の音を聞きながら、そうめん流しを楽しむ親子連れ
水の音を聞きながら、そうめん流しを楽しむ親子連れ
写真を見る

 うきは市浮羽町妹川の調音の滝公園で15日、巨瀬川源流域に本格的な夏の行楽シーズン到来を告げる滝開きがあり、涼を求める人でにぎわった。

 調音の滝は落差約27メートル、幅9メートル。江戸時代に久留米藩主の妻が立ち寄った際、水音が音楽のように聞こえたことが由来とされ、林野庁による「水源の森百選」にも選ばれている。

 本年度は国の交付金を活用し、老朽化していた休憩所をリニューアル。木造2階建てとなった施設では、多くの家族連れがそうめん流しを楽しんでいた。

 21日からは巨瀬川の水を引いた「流水プール」が無料で楽しめる。公園を管理する地元元有(もとあり)区の矢羽田吉見区長は「各地から訪れる行楽客のため、今年も安心、安全のサービスを提供したい」と話した。

 プールは8月末、そうめん流しは9月末まで。調音の滝公園=0943(77)7516。

=2018/07/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]