未優さん、初のMVを公開 「誰もが知るシンガーに」ふるさと大牟田で夢語る [福岡県]

帰郷した大牟田市で「地元の人たちは温かい」と話す未優さん
帰郷した大牟田市で「地元の人たちは温かい」と話す未優さん
写真を見る

 3歳から大牟田市で育ち、シンガー・ソングライターとしてメジャーデビューを目指している未優(みゆ)さん(18)が、初めてミュージックビデオ(MV)を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した。大牟田北高を卒業し、今春に上京。「来年にはオリジナル曲でデビューを果たし、いつかは横浜アリーナでソロライブを開きたい」と大きな夢を抱いている。

 「ハロー、ハロー、私はここよ」と、伸びやかな声でリフレインするMVの楽曲名は「HELLO,TOKYO」(4分46秒)。ギターを背負い、未来に夢を膨らませて東京の街に出てきた少女(本人)のイメージ映像で、まさに今の未優さんの心象風景に重なる。

 小学4年生から歌やギターのレッスンを受けるために福岡市に通った。6年生の時に受けたオーディションで東京の芸能プロダクションの目に留まり、「育成契約」を結んで各地のライブに出演するなど腕に磨きをかけてきた。自作の曲は既に50曲近くに上る。

 東京では焼き肉店でアルバイトをしながらレッスンを続けている。13日のMV公開後、初めて帰郷した未優さん。「自分らしいスタイルで、誰もが知るシンガーになりたい」。家族や友人たちが支えてくれる大牟田から羽ばたこうと、真っすぐな瞳を輝かせた。

=2018/08/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]