公園の古木倒れる 台風24号、462人が自主避難 久留米市 [福岡県]

強風で倒れたクス。公園の公衆トイレを押しつぶした=30日午後5時ごろ、久留米市の蛍川公園
強風で倒れたクス。公園の公衆トイレを押しつぶした=30日午後5時ごろ、久留米市の蛍川公園
写真を見る

 台風24号の接近で、筑後地区でも30日、昼前から風雨が強まった。久留米市で21・5メートル、大牟田市では22・3メートルと、いずれも9月では観測史上最大の瞬間風速を記録。久留米市では強風で公園の古木が倒れた。各自治体が開設した避難所には462人が自主避難した。

 久留米市によると、50カ所の自主避難所を開設し、123世帯151人が利用した。大牟田市54世帯66人▽柳川市57世帯80人▽八女市43世帯54人▽筑後市28世帯35人▽みやま市23世帯29人▽うきは市15世帯17人▽小郡市25世帯30人-がそれぞれ避難した。午後に暴風警報が解除され、避難所は順次閉鎖された。

 久留米市の蛍川公園では、クスの古木(高さ約20メートル、幹回り1・6メートル)が根元から折れ、園内の公衆トイレが全壊した。市公園土木管理事務所などによると、隣接する心光寺本堂の屋根瓦や雨どいも損傷した。けが人はいないという。

=2018/10/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]