ラーメン人気にうどん迫る 豚骨発祥地の久留米 [福岡県]

12種類の「ちっご煮込みうどん」をPRする筑後うどん大使の井上こんさん
12種類の「ちっご煮込みうどん」をPRする筑後うどん大使の井上こんさん
写真を見る

 福岡県久留米市などのうどん店15店でつくる「筑後うどん振興会」は18日、11月から来年2月末まで開く「ちっご煮込みうどんスタンプラリー」で提供する新作メニューの試食会を市内で開いた。

 久留米は小麦の産地で豚骨ラーメン発祥の地として知られるが、地元では軟らかい麺が特徴のうどんも高い人気を誇る。そんな筑後うどんをPRしようと、煮込みに絞って企画した。

 ニラ、エノキ、水菜、酒かすなど、各店とも筑後産食材をふんだんに使用。試食した面々は「食材のうま味を吸ったもちもち麺が癖になる」と満足げ。全国区のラーメン人気に粘り強く迫る。

=2018/10/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]