豊後街道の宿場町・久留米市草野町 散策イベントにぎわう [福岡県]

旧家に上がり庭を楽しむこともできた
旧家に上がり庭を楽しむこともできた
写真を見る

 豊後街道の宿場町として江戸時代に栄えた久留米市草野町に残る旧家や寺社仏閣を巡るイベント「草野まちかど博物館」が3、4日、草野町一帯で開かれた。普段は入ることができない幕末から大正期に建てられた商家の内部や庭園の一部が一般公開された。

 草野の歴史と文化を知ってもらおうと地元の実行委員会が主催し今年で25回目。特産品の販売や柿狩り、オープンカフェなどもあり、中高年を中心に散策を楽しむ人たちでにぎわった。

 かつて薬の卸業を営み、明治期に建てられた上野武則さん(65)宅では掛け軸やびょうぶ絵、漆器を展示。観光客は座敷に上がり、手入れされた庭も楽しんだ。上野さんは「先祖が残した家や所蔵品を大切にしている気持ちが伝わればうれしい」と話した。

=2018/11/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]