ふるさと納税偽サイト、筑後の自治体も注意喚起 「35%OFF」など表示 [福岡県]

返礼品の大川家具が3割引きで掲載された大木町の偽サイト
返礼品の大川家具が3割引きで掲載された大木町の偽サイト
写真を見る

 「ふるさと納税」の偽サイトが県内で相次いで見つかった問題で、筑後市と大川市、大木町でも6日までに同様のサイトが確認された。人気のイチゴや大川家具などを「35%OFF」と表示しているサイトが複数存在し、各自治体とも県警に相談するとともに、ホームページ上で注意を呼び掛けている。

 筑後市財政課によると、11月下旬ごろ、返礼品の取扱業者から偽サイトの存在を伝えられた。職員が確認したところ、特産イチゴ「かおり野」が通常1万円のところ「35%OFF 6500円」と表示されていた。筑後署に相談したところ、これとは別のサイトを知らされたという。

 同市の本年度の寄付見込み額は、当初予想より約2千万円多い1億6900万円。冬場は県産イチゴ「あまおう」が人気のため、同課は「正規のサイトかどうか確かめてから申し込んでほしい」と訴える。

 大川市も、正規の楽天ふるさと納税サイトの画像が転用された偽サイトが二つ見つかったという。

 大木町の偽サイトは、6日午前中まで存在していた。大川家具のソファ35万円を、やはり35%OFFの22万7500円と表示。偽サイトの取扱会社の住所は久留米市だったが、企画課職員が調べたところ存在しない番地だったという。

=2018/12/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]