「空き店舗マルシェ」始まる 希望者がお試し出店 久留米市 [福岡県]

空き店舗マルシェに出店している近藤正人さん
空き店舗マルシェに出店している近藤正人さん
写真を見る

 久留米市六ツ門町の2番街商店街の空き店舗で15日、商店街への出店希望者が店内をシェアしながら期間限定でお試し出店する「空き店舗マルシェ」が始まった。日によって3~5店舗が出店する。24日まで。

 中心商店街に出店するきっかけにしてもらおうと、市が初めて企画。市は昨年10月から、商店街への出店に興味がある人を対象にした「空き店舗ツアー」を始めており、今回はツアー参加者などに呼び掛け、手作りアクセサリーや観賞植物の販売、リンパマッサージなどが出店する。

 初日に出店した近藤正人さん(45)は、飯塚市内で波佐見焼を扱う雑貨店を営んでおり、2店目を検討中という。久留米市中心部で開かれる「土曜夜市」や「くるめ楽衆国まつり」にも出店している近藤さんは「飯塚と比べ、久留米の商店街はお客さんが広域から来ていて、年齢層も幅広い」と手応えを感じていた。

 マルシェは、2番街商店街の赤司第1ビル(オックスファム・ショップ跡)。営業時間は午前11時~午後5時。

=2018/12/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]