新キャラ「墨縄くん」登場 立花家史料館 「雷切丸くん」と期間限定ユニット [福岡県]

立花家史料館の新キャラクター墨縄くん(左)。右は雷切丸くん
立花家史料館の新キャラクター墨縄くん(左)。右は雷切丸くん
写真を見る

 柳川市新外町の立花家史料館のミュージアムキャラクターに24日、新たに「墨縄くん」が加わった。従来の「雷切丸(らいきりまる)くん」と来年3月までの期間限定ユニットとして、市内外のイベントで史料館のPRに努める。

 2人は2次元空間の物や人物を3次元(生身)の人間が演じる「2・5次元」キャラクター。「墨縄」は柳川藩初代藩主の立花宗茂が、福岡藩初代藩主の黒田長政から譲り受けたとされる桃山期の火縄銃。銃底には和歌が刻まれている。墨縄くんはその化身という設定で、立花家伝来の名刀「雷切丸」の化身である雷切丸くんとライバル関係にあるという。

 墨縄くんを演じるのは柳川市在住の高校3年藤木キアさん(18)。「立花家のエースは雷切丸ではなく墨縄。しっかり史料館をアピールしたい」と話した。

=2018/12/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]