阪神の中谷外野手、地元小郡で自主トレ ふるさと大使、再起誓う [福岡県]

ケーキで誕生日を祝福され、集まったファンに感謝を述べる中谷将大外野手
ケーキで誕生日を祝福され、集まったファンに感謝を述べる中谷将大外野手
写真を見る

 小郡市ふるさとスポーツ大使を務めるプロ野球阪神タイガースの中谷将大外野手(26)=小郡市出身=が5日、市野球場で年末から始めた計4日間の自主トレを締めくくった。

 チーム最多の20本の本塁打を放った前年から一転、昨季は5本塁打と不調にあえいだ。「苦しかったが、いろいろ試すことができた。マイナスをプラスに変えていく」と矢野燿大(あきひろ)新監督体制で臨む今季を見据える。

 自主トレには地元の友人や、昨季阪神から福岡ソフトバンクホークスに移籍した松田遼馬投手も参加。「みんなが良い雰囲気をつくってくれた」と打撃練習では快音を響かせた。

 最終日の5日は誕生日。サプライズとして後援会からケーキで祝福された。8日には米領グアムに向かう。「体をいじめ抜いてフィジカルを鍛える。ライバルは多いが、アピールしていく」と再起を誓っていた。

=2019/01/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]