冬春トマト「麗容」出荷始まる 久留米市 [福岡県]

サイズごとに選別される「麗容」
サイズごとに選別される「麗容」
写真を見る

 久留米市太郎原町のJAくるめ園芸流通センターで、冬春トマト「麗容(れいよう)」の出荷が始まった。久留米市は県内有数のトマト産地。6月末まで関西、中国地方の市場に届ける。

 大玉で赤みが強く、ほどよい酸味が特徴。JAくるめ園芸流通課によると、市内の18農家が生産し、今年は暖冬の影響で昨年より1週間ほど収穫が早かったという。初日の取扱量は約300キロ。女性陣が固さや形、傷などを手作業で確認しながら手際よく箱に詰めていった。

 JAくるめトマト部会長の鹿毛久義さん(69)は「晴れた日が多かったおかげで、きれいな赤色に仕上がった。夏秋トマトより甘みがあるので、そのまま味わって」と語った。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]