「さげもんめぐり」11日開幕 柳川市 [福岡県]

さげもんが華やかに飾り付けられたかんぽの宿柳川
さげもんが華やかに飾り付けられたかんぽの宿柳川
写真を見る

 柳川市で11日、城下町一帯をひな飾りやまりで華やかに彩る「柳川雛(ひな)祭り さげもんめぐり」が開幕する。4月3日まで。

 さげもんは江戸末期に柳川地方で始まった女の子の初節句の祝い。ひな壇の左右に手まりや縁起物の手芸品をつるし、健やかな成長を願う。縁起物のネズミは子だくさん、ヒョウタンは無病息災、セミは辛抱、ハマグリは夫婦円満などの意味が込められている。

 さげもんめぐりは11日午前10時、日吉神社での神事でスタート。おひな様水上パレード(3月17日)、雛めぐり舟の運航(3月の土・日曜=17日を除く)、流し雛祭り(4月3日)など多彩な催しがある。例年初日に行われていた稚児装束の女児らによる「おひな様行列」は3月3日に変更された。

 期間中、北原白秋生家・記念館や柳川藩主別邸「御花」をはじめ、かんぽの宿柳川など計34カ所にさげもん処(どころ)(一部有料)が設けられ、観賞しながら街歩きが楽しめる。高さ約5メートルの「巨大さげもん」は京町第2駐車場に展示する。

=2019/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]