石垣山観音寺、ハルサザンカ満開 田主丸、17日に祭り [福岡県]

満開となった石垣山観音寺のハルサザンカ
満開となった石垣山観音寺のハルサザンカ
写真を見る

 久留米市田主丸町石垣の石垣山観音寺(菊川恵暁住職)で、樹齢350年の市天然記念物「ハルサザンカ」が満開となった。17日午前11時から恒例の「さざんか祭り」がある。

 ハルサザンカは本堂東側に立ち、高さは約8メートル。丸みを帯びた赤い花が特徴で「3月までは楽しめます」と菊川恵信副住職(30)。

 祭りでは、本尊の十一面観世音菩薩(ぼさつ)像や同寺中興の祖の金光上人が退治した怪物の手とされる寺宝「牛鬼の手」を公開するほか、和太鼓演奏やちらしずしの振る舞いで参拝者をもてなす。観音寺=0943(72)3490。

=2019/02/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]