十二単で結婚式 福島八幡宮 園児らとパレードも [福岡県]

十二単と束帯姿でパレードするカップル
十二単と束帯姿でパレードするカップル
写真を見る

 八女市本町の福島八幡宮で17日、古式ゆかしい十二単(ひとえ)と束帯姿でカップル一組が結婚式を挙げた。開催中の「雛(ひな)の里・八女ぼんぼりまつり」の関連イベント。式の後は地元園児らとともに市中心部をパレードし、市民や観光客から祝福を受けた。

 挙式したのはいずれも大学職員の長澤貴宏さん(32)=福岡市=と中尾花蓮さん(26)=糸島市。インターネットでイベントを知り、応募したという。長澤さんは「他ではできない貴重な体験ができた」、中尾さんは「たくさんの人から『おめでとう』と言ってもらい、うれしかった」と喜んだ。

 まつりは3月10日まで。同3日にも同様の結婚式とパレードがある。

=2019/02/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]