私服で気軽に就職活動 くるめキャリアフェス 筑後地区中心に22社が参加 [福岡県]

学生も企業の人事担当者も私服で参加したキャリアフェス
学生も企業の人事担当者も私服で参加したキャリアフェス
写真を見る
90秒間で自社をPRした「爆速プレゼン」
90秒間で自社をPRした「爆速プレゼン」
写真を見る

 大学生の就職活動が本格化するのに合わせて、私服で参加できる地元企業の合同説明会「第1回くるめキャリアフェス2019」が2月25日、久留米市六ツ門町の久留米シティプラザであった。

 新卒者や「第二新卒」の獲得につなげようと、筑後中小企業経営者協会が主催した。筑後地区を中心とした22社がブースを並べた会場は、カジュアルな服装の人事担当者が積極的に学生に声を掛けたり、チラシを配ったりしてPRに努め、学生も熱心に担当者の説明に聞き入った。

 この春から就職活動に臨む久留米大文学部4年の百武太一さん(22)は「堅苦しくないので、すんなり企業の話を聞くことができました」と話した。久留米市六ツ門町の酒販店「泉屋酒販」の前原恵さん(45)は「学生との距離が近い感じがある。これまでは中途採用が多かったので、新卒者の育成にも力を入れたい」と語った。

 説明の合間には余興としてお笑いライブもあり、「バブル芸人」こと平野ノラさんが登場。「しもしも~」「おったまげー」の決めぜりふで会場を沸かせた。佐賀県基山町出身の2人組どぶろっくは、得意の歌ネタで来場者の心をつかんでいた。

 持ち時間90秒間の「爆速プレゼン」では、5社の担当者が自社の魅力を学生に熱っぽく語り掛けた。

=2019/03/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]