大牟田市庁舎本館保存へ署名 市民団体 [福岡県]

市庁舎本館の保存と活用を求めて、大牟田駅前で署名活動する市民団体メンバー
市庁舎本館の保存と活用を求めて、大牟田駅前で署名活動する市民団体メンバー
写真を見る

 大牟田市の市民団体「登録有形文化財大牟田市庁舎本館の保存と活用をめざす会」は14日、市民に活動への賛同を求める署名活動を始めた。4月末までに1万筆の署名を目指し、中尾昌弘市長に提出するという。

 会は、本館を解体して新庁舎を建設する市の基本方針に対し「本館は通常の耐震補強工事で今後も長く使用でき、建て替えの方が倍以上の費用がかかる。財政難の市が採るべき方法ではない」と訴えている。一方、市議会4会派は、基本方針をベースとした基本構想策定費について「議論が足りない」などとして、市提案の予算案から削除する構えを示している。

 大牟田駅前でこの日の朝、通勤通学客らから署名を集めた新谷肇一(ちょういち)会長は「結論を急ぐ市に、待ったをかける市議会の動きを歓迎したい。多様な視点で庁舎整備の在り方を考えるよう市に求めていきたい」と話した。

=2019/03/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]