宮若の佐野さん、絵と書で親子展 89歳の父親と [福岡県]

写真を見る

 宮若市磯光の元小学校長、佐野憲夫さん(66)が、父親の寛一郎さん(89)と初めての作品展を直方市の直方歳時館で開いている=写真。25日まで、入場無料。

 昨春、妻のチカエさんを亡くして気落ちしていた寛一郎さんを励まそうと、今年5月に佐野さんが親子展を提案。会場には佐野さんの書や篆刻(てんこく)、寛一郎さんの絵や採集した石を磨いた水石など50点余が並ぶ。

 佐野さんは大学時代に書を始め、基本的には独学で続けてきた。今回は「論語」の一節「父母いませば 遠く遊ばず」や格言、現在の寛一郎さんを見て言葉にした「人生 年を重ねるのも いいものだ」などの書を展示。寛一郎さんは身近な花や野菜、心象的な山岳風景などを出品した。

 佐野さんは「心に思っていることなどを表現した作品を気楽に見てほしい」という。

=2017/06/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]