西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「ながのばあちゃん」が手ほどき 親子60人、秋の魚調理楽しむ [福岡県]

できあがった料理を楽しむ親子連れ
できあがった料理を楽しむ親子連れ
写真を見る
料理をつくるながのばあちゃん
料理をつくるながのばあちゃん
写真を見る

 本紙生活面で「ながのばあちゃんの食術指南」を連載する長野路代さん(87)=飯塚市内野=が、サンマなど秋においしい魚料理を教える教室が29日、同市秋松の穂波公民館であり、親子連れ約60人が楽しんだ。若い世代に魚に親しんでもらおうと、飯塚水産物商業協同組合が4、5歳の子ども連れの母親を中心に集め、初めて開催した。

 この日、同組合は釧路産のサンマや長崎産のサバを用意。参加者は、みりんや酢を使ったシンプルなサンマのうま煮や、サバと大根を煮る「ぬくめなます」などを、長野さんの手ほどきを受けながら作った。親子がともに包丁をふるう姿もあった。飯塚市の梶野里風さん(24)は、6歳の娘と初めて魚をさばき「また作ってみたい」と笑顔だった。

 同組合の永水米蔵理事長(67)は「おいしかったという声をたくさん聞けてうれしい。今後も自宅で挑戦してほしい」と話した。

=2017/10/30付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]