「本の福袋」貸し出し テーマごとに3冊1セット 飯塚、嘉麻の図書館 [福岡県]

嘉麻市立嘉穂図書館に特設された本の福袋コーナー
嘉麻市立嘉穂図書館に特設された本の福袋コーナー
写真を見る

 嘉麻市立の4図書館と飯塚市立庄内図書館で、5日から「本の福袋」が貸し出される。司書が選んだ本が3冊1セットにされ、本との出合いが楽しめる。いずれもなくなり次第終了。

 嘉麻市の図書館では、山田40、嘉穂30、碓井20、稲築15の計105セットを準備。嘉穂図書館では「オリンピックが待ちきれない!」「なぜ山に登るのか?」などテーマを書いた箱が一般と児童向けに分類されて並び、箱をカウンターに持って行くと本が入った福袋と交換される。

 庄内図書館では、一般、子ども向け、中高生向け、絵本で分けて50セットを準備している。いずれも5~8日は開館し、9日が休館。

=2018/01/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]