飯塚高生の未来テーマに大型「ケーキ」 製菓コースの25人制作 [福岡県]

井筒屋サロンにお目見えしたケーキ形オブジェと、飯塚高製菓コースの生徒たち
井筒屋サロンにお目見えしたケーキ形オブジェと、飯塚高製菓コースの生徒たち
写真を見る

 14日のバレンタインデーを前に、飯塚市立岩の飯塚高製菓コースの生徒25人が8日、ケーキ形オブジェを同市本町の井筒屋サロンに飾った。約1年間展示される予定。

 同校は10年前からオブジェ制作に取り組み、今回は「未来への一歩~羽ばたけ私達の夢~」がテーマ。アーモンドの粉末や砂糖をペースト状にしたマジパンなどで飾り付け、昨年4月から使用している新校舎や校訓の「熱・力・誠」などを表現した。バラの花やパティシエの人形も手作り。放課後の時間を使い昨年12月中旬から約1カ月半かけて完成させた。

 小野紫音さん(17)は「校舎のレンガは色を少しずつ変えるなど細部にこだわった。たくさんの人に見てほしい」と話した。

=2018/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]