「八丁峠道路」19年度に開通 嘉麻-朝倉20分短縮 [福岡県]

 嘉麻市と朝倉市を結ぶ現在整備中の国道322号「八丁峠道路」(4・5キロ)について、九州地方整備局は2019年度中に開通すると明らかにした。嘉麻-朝倉間は、現状よりも車で20分近く短縮できるという。

 同整備局によると、嘉麻市大力と朝倉市秋月野鳥を結ぶ八丁峠は幅員が狭く、降雨での土砂崩れや積雪などで年間の3分の1で通行規制が起きている。八丁峠道路は06年度に事業着手し、トンネル掘削や道路整備が進められてきた。4・5キロ中、約3・8キロがほぼ直線のトンネルになる。総事業費は約167億円。

 八丁峠道路の開通で通行規制が起きにくくなり、信頼性や安全性が向上。同整備局北九州国道事務所は「物流の効率化による企業支援、観光振興も期待される」としている。

=2018/03/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]