目指せ「テニスのまち」 飯塚市、嘉麻市、桂川町が5年計画 大会誘致や交流会 [福岡県]

昨年の飯塚国際車いすテニス大会。国内外のトッププレーヤーが出場した
昨年の飯塚国際車いすテニス大会。国内外のトッププレーヤーが出場した
写真を見る

 飯塚市は8日、嘉麻市や桂川町と連携し、テニス教室の開催や車いすテニスのトップアスリートとの交流会、国際大会や中学、高校の県大会の誘致など「テニス」を核としたまちづくりに取り組むことを明らかにした。同日、市議会協働環境委員会に「嘉飯桂圏域テニスのまちづくり計画」を報告した。

 計画の期間は、2017年度から21年度までの5年間。1985年に始まり、今年で34回目となる飯塚国際車いすテニス大会は毎年10~20カ国から選手が訪れていることや、東京パラリンピックの事前キャンプ地として南アフリカの車いすテニス競技が内定していることを踏まえ、テニスを通した多彩な交流を目指す。

 具体的には、飯塚国際車いすテニス大会の会場で、国際規格のコートや砂入り人工芝コートなど計22面のコートがある筑豊ハイツと筑豊緑地を念頭に、国際テニス大会や海外チームのキャンプ誘致を検討。嘉飯地域在住の留学生と地元住民の交流イベントなども想定している。

 飯塚国際車いすテニス大会は市民ボランティア約2千人による「イイヅカ方式」で大会を運営しており、今回の計画には大会運営ボランティアの育成や募集などを広く周知することも盛り込んだ。計画に関連し、今年の大会(5月14~19日)は、会場近くに2市1町の観光スポットを紹介する特設ブースを設ける予定。

=2018/03/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]