優秀人材、早めに確保 職員採用試験3カ月前倒し 福岡・飯塚市 [福岡県]

 飯塚市の片峯誠市長は24日、定例記者会見を開き、2018年度の職員採用試験を、前年度より約3カ月前倒しし、7月22日に実施すると発表した。

 同市は06年3月の合併後、県内の多くの自治体と同じ9月に試験を実施。12年度からは「時期をずらすことで、受験者を増やそう」と、10月に変更した。ここ数年、景気回復を背景に、民間の採用意欲が高まり、学生に有利な売り手市場が続く中、「試験を早く実施することで、優秀な人材を確保したい」(片峯市長)と前倒しを決めた。

 申し込みは行政事務、土木、保育士のいずれも6月21日まで。試験会場は、同市の近畿大九州短大または市役所。人事課=0948(22)5500。

=2018/05/25 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]