飯塚山笠の季節が到来 各流、本部設営や棒洗い [福岡県]

舁き棒を洗い清める西流の男衆
舁き棒を洗い清める西流の男衆
写真を見る

 7月1日未明のお汐井取りで開幕する飯塚山笠に向けて、5流が17日、一斉に本部を設営した。飯塚市内には各流ののぼり旗も飾り付けられ、祭りムードが高まってきた。

 同市宮町の曩祖(のうそ)八幡宮近くの緑道公園では西流が同日午前9時半から、テント設営や棒洗いを行った。山笠に取り付ける舁(か)き棒は6メートルで計4本。1年ぶりに倉庫から出し、男衆がホースで水を掛けながら、丁寧に洗い清めた。

 西流は昨年、追い山で2位だった。石川雄二事務局長(54)は「今年は優勝はもちろん、勇壮さや振る舞いにもこだわり、市民に喜んでもらいたい」と話した。

=2018/06/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]