「新庁舎」旧民間社屋を活用 小竹町 新築より3、4億円安く [福岡県]

小竹町が新役場庁舎の建設計画を進めている民間企業の旧社屋
小竹町が新役場庁舎の建設計画を進めている民間企業の旧社屋
写真を見る

 小竹町が、民間企業の旧社屋を活用した役場の新庁舎の建設計画に乗り出している。1967年に建てられた現庁舎は耐震基準を満たしておらず、老朽化に加えて防災面で不安視されていた。近年、自治体の新庁舎は効率性から1棟で新築されるケースが多いが、同町は旧社屋の改修棟と新築棟をつなぐ2棟構成にすることで建設コストを抑える狙いだ。県市町村支援課の担当者は「最近は現庁舎を改築するケースも少なくないが、新庁舎に民間社屋を活用するのは聞いたことがない。珍しい」と話す。

 建設予定地はJR小竹駅西側約200メートルで、コンクリート製品製造会社の跡地と隣接する農地を合わせた面積約7300平方メートル。

 町によると、2013年8月、倒産した会社の土地と建物を町土地開発公社が6700万円で購入した。町が同公社から買い取った上で2階建ての旧社屋を改修し、その隣に本庁舎を新築する。旧社屋は鉄筋コンクリート造りで耐震基準を満たしているという。

 新築棟は3階建てで1階に窓口業務、2階が町長室など執行部フロア、3階に議会。改修棟の1階には建設や農政などの部署を配置、2階を会議室や倉庫などの共用エリアとして1、2階を渡り廊下でつなぐ想定をしている。

 町は住民説明会を5月に15回実施。本年度当初予算に基本実施設計費(6600万円)などを計上し、庁舎設計や地質調査を行う業者はすでに決定している。今後は町側が議会に本体建設工事での請負契約案を提案し、可決されれば19年春の着工、20年度の供用開始を目指す。現時点で総事業費の概算は約15億7千万円としている。

 小竹町総務課は「7年前に議員から老朽化の指摘を受け、審議会の答申を受けるなどして検討してきた。社屋改修で新築だけの場合より3、4億円安く抑えられる。財政面から身の丈にあった庁舎にしようとなった」としている。

=2018/06/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]