追い山へ「舁き山」疾走 飯塚山笠で流舁き [福岡県]

勢い水を浴びて疾走する二瀬流の舁き山
勢い水を浴びて疾走する二瀬流の舁き山
写真を見る

 飯塚山笠の「流舁(ながれが)き」が11日に行われ、東、西、新、菰田、二瀬の5流が舁き山を地域で走らせた。汗が滴る暑さの中、男衆は「オイサ、オイサ」の掛け声を響かせながら疾走した。

 流舁きは15日の追い山に向け、13日にも行われる。

 7年連続最下位からの脱出を目指す二瀬流は、フランスやオランダ、ベトナム出身の九州工業大の留学生も約15人参加し。総勢約140人で相田、伊川、伊岐須周辺の約4・2キロを走った。副事務局長の湊谷一弥さん(47)は「今年は七転八起を合言葉に練習を重ねた。8年目の今年こそ優勝を狙います」と力を込める。

=2018/07/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]