“最年少台上がり”気合の指揮 飯塚山笠流舁き 菰田流の江崎さん [福岡県]

飯塚市の菰田地区を疾走する菰田流の舁き山。台上がりの右側が江崎さん
飯塚市の菰田地区を疾走する菰田流の舁き山。台上がりの右側が江崎さん
写真を見る

 飯塚山笠の5流(ながれ)による「流舁(ながれが)き」が13日あり、連覇を狙う菰田流は舁き手を鼓舞する「台上がり」の役目を会社員の江崎聖さん(22)が務めた。菰田流の台上がりでは最年少。指揮棒の「鉄砲」を振って仲間を鼓舞し、街中を駆け抜けた。

 江崎さんは7歳で子ども山笠に参加。11歳で舁き山の到着を知らせる先走りを務め、小学6年生の頃から大人に交じって山を舁いている。事務局長の入江正利さん(54)は「次世代の菰田流をまとめ上げるエース」と評価する。

 この日、菰田流の男衆350人は「真田幸村」の舁き山を舁きながら、JR飯塚駅の西側周辺を通るコースを疾走。江崎さんは「災害で苦しんでいる人がいる中、舁ける幸せをかみしめて優勝を目指す」と15日の追い山への意気込みを語った。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]