5千発 夜空に彩り 飯塚納涼花火大会 [福岡県]

飯塚市の夜空を彩った花火
飯塚市の夜空を彩った花火
写真を見る

 飯塚市の夏の風物詩、第97回飯塚納涼花火大会が2日夜、市中心部の遠賀川河川敷であり、浴衣姿などの見物客約10万人(主催者発表)が、夜空で繰り広げられた約5千発の花火の競演を楽しんだ。

 午後8時、公募で選ばれた小学生2人が点火のスイッチを押して開幕。打ち上げ花火のほか、全長約400メートルの「ナイアガラの滝」や、飯塚オートにちなみオートバイが走る様子を表現した仕掛け花火なども披露された。母親と2人で見に来た田中董絢君(10)は「赤と黄色と緑の色がきれいだった。思っていたものよりも大きくてびっくりした」と笑顔で話した。

 大会は飯塚商工会議所や市商店街連合会、西日本新聞社などでつくる飯塚花火委員会の主催。

=2018/08/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]