平成の歌姫、トンネル、噴水 大任・道の駅でイルミ点灯 [福岡県]

「おおとう桜街道」に点灯されたイルミネーション
「おおとう桜街道」に点灯されたイルミネーション
写真を見る

 大任町今任原の道の駅「おおとう桜街道」で23日夕、イルミネーションの点灯式があり、温泉施設の斜面と散策路を約60万球の発光ダイオード(LED)の電飾が彩った。

 平成最後となるイルミネーションのテーマは「未来への旅立ち」。メーンステージには、「平成の歌姫」と呼ばれ、9月に引退した安室奈美恵さんをイメージしたという高さ約5~7メートルの女性のシルエットが3体。「水族館と子どもの国」を描いた計約90メートルの光のトンネルは、両側にカメやイルカ、サンゴ礁を表現した電飾や、ドラえもん、ミッキーマウス、ミッフィーなどの人形、光の噴水が並び、子どもたちを喜ばせる。

 点灯は来年1月末まで毎日午後5時半~10時半。

=2018/11/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]