高さ9.5メートル「日本一」の風格 巨大門松前で演舞を披露 宮若市 [福岡県]

舞や踊りが披露された大門松祭
舞や踊りが披露された大門松祭
写真を見る

 宮若市脇田の農産物直売所「ドリームホープ若宮」の駐車場で2日、巨大門松を背景にステージショーを楽しむ「日本一の大門松祭」が行われた。広場ではつきたての餅が入ったぜんざいや手打ちそばが提供され、訪れた人たちは一足早く正月気分に浸った。

 市観光協会主催で、今年で22回目。大門松2基は台座の直径が5メートル、高さは9・5メートルもあり、延べ300人のボランティアが約1カ月かけて竹350本を組んで作り上げた。

 山里の風景に合った美しさや重厚さ、風格を「日本一」とアピール。「イノシシのように目標に向かって突き進めるように」と、来年の干支(えと)にちなみ、宮田小3年の25人が描いたイノシシの巨大絵馬も飾られた。

 この日は剣詩舞や太鼓の演舞、ダンスなどが披露された。大門松は来年1月17日まで展示。日没後から午後10時までライトアップされる。

=2018/12/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]