力士集結、直方沸く 「もち吉場所」貴景勝関ら土俵に [福岡県]

小結貴景勝関(左)の取組に大きな歓声が上がった大相撲冬巡業「直方もち吉場所」
小結貴景勝関(左)の取組に大きな歓声が上がった大相撲冬巡業「直方もち吉場所」
写真を見る
巡業の成功を祈念し、開運水かけ地蔵菩薩に参拝する横綱白鵬関(右)と小結貴景勝関
巡業の成功を祈念し、開運水かけ地蔵菩薩に参拝する横綱白鵬関(右)と小結貴景勝関
写真を見る

 大相撲冬巡業「直方もち吉場所」が3日、直方市直方の市体育館で開かれた。九州場所で優勝した小結貴景勝関ら大勢の力士が登場し、市内外から集まった多くのファンが歓声や拍手を送った。

 米菓製造、販売のもち吉(同市)が勧進元となって1991年から随時開催しており、今年で9回目。約3千人が来場した。

 貴景勝関や柳川市出身の琴奨菊関が登場すると、大歓声が上がった。けがで九州場所を全休していた横綱白鵬関は冬巡業から復帰。取組は行わなかったが、土俵入りを務め、力強く四股を踏んだ。土俵の上では相撲甚句ややぐら太鼓の実演もあった。

 飯塚市の会社員、野見山茂樹さん(40)は「貴景勝関からオーラを感じた。間近で見られてよかった」と感激した様子だった。

 巡業前には白鵬関と貴景勝関が直方市下境にある「開運水かけ地蔵菩薩」と「林光寺薬師堂」、「無量福徳十三仏堂」を参拝し、巡業の成功を祈念した。

=2018/12/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]