平成最後の新年始動 初詣 飛躍や健康願う [福岡県]

多くの人が初詣に訪れた飯塚市宮町の曩祖八幡宮
多くの人が初詣に訪れた飯塚市宮町の曩祖八幡宮
写真を見る

 新年を迎え、筑豊地区でも1日から大勢の人が初詣に出掛け、新しい年の飛躍や健康を願った。

 福岡管区気象台によると、飯塚市の1日の最低気温は平年よりも1~2度低い0・1度で、寒い新年となった。この日、飯塚市宮町の曩祖(のうそ)八幡宮に母親と訪れた飯塚小5年の室井一航君(11)は「お姉ちゃんの大学受験がうまくいくようにお祈りしました」と話した。直方市直方の多賀神社も多くの参拝者でにぎわった。同市中泉の建設業村上皓一さん(33)は「妻が病気やけがをせずに過ごせる一年になってほしい」と家族の健康を願っていた。

=2019/01/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]