田川でDJポリス 軽妙にマナー訴え [福岡県]

車両の上から交通安全を呼び掛ける「DJポリス」
車両の上から交通安全を呼び掛ける「DJポリス」
写真を見る

 「横断歩道マナーアップ」の街頭運動が15日、田川市のJR田川後藤寺駅西側であった。県警本部と田川署の新任警察官が「DJポリス」となり、登校中の学生などに軽妙な語り口で交通マナーを訴えた。

 交番などに勤務する巡査3人が初めてDJポリスに挑戦。マイクを使い車両の上から「横断歩道を斜めに渡るのは危険です」「ハンドルを握ることは命を握ること」などと歩行者や車両に呼び掛け、小中学生が通りかかると、手を振りながら「おはよう。気を付けて行ってきてね」と声を掛けた。

 昨年の田川署管内での交通事故による死者数は10人で、県内ワーストだった。添田交番に勤務する井手雅也巡査(20)は「歩行者が立ち止まって聞いてくれた。事故が減らせるよう、今後も交通安全を呼び掛けていきたい」と話した。

=2019/02/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]