若き好奇心、無料誌作る 九工大・近畿大・近畿大九州短大 学生6人が企画・編集「地域の魅力も伝えたい」 [福岡県]

フリーペーパー「ノイギア」をPRする学生
フリーペーパー「ノイギア」をPRする学生
写真を見る

 飯塚市の九州工業大、近畿大、近畿大九州短期大の学生6人が企画・編集した学生向けのフリーペーパー「NEUG〓AR(ノイギア)」が1日、発行された。アルバイトやイベントなど学生が知りたい情報だけでなく、地域や地場企業の魅力も伝えていく。

 筑豊地区でフリーペーパー「Hen」を発行するデザイン会社「NOTE」(同市新飯塚)が協力。同社は2015年度以降、同市から委託を受け、学生向けの合同企業説明会を実施している。学生と知り合ううちに、市内には学生が約4千人いるものの、各大学の交流が少なく、地域の魅力も伝わっていないことが話題に。「学生主体のフリーペーパーを作り、飯塚を知ってもらい、地域を盛り上げよう」と企画した。

 各大学の学生に呼び掛け、九工大3年雨谷馨太郎さん(24)、同池田怜央さん(21)、近畿大2年岡村早稀さん(20)、同鍋島美輪さん(21)、近畿大九州短大2年政田結衣さん(20)、同桜井あみさん(20)がメンバーとなった。

 昨年10月から企画会議を重ね、グルメやアルバイトについて取材。名前はドイツ語の好奇心「NEUGEAR」と歯車「GEAR」を掛け合わせた造語で、学生の好奇心をテーマに自らが歯車となり、地域の活性化を目指す意味が込められているという。〓はEを反転させ、3大学の学生の「3」を表現した。

 B5判、12ページで、アルバイト紹介では、学生にとって重要というまかない付きの店舗を紹介。各大学近辺で学割がある飲食店や、学生と企業、市民の交流の場「つなぐカフェ@飯塚」なども取り上げている。

 今回はNOTEが企画、編集に関わったが、5月に発行予定の次号からは、学生が主体的に作製する。鍋島さんは「各大学の学生と意見交換しながら、私たちしか作れないフリーペーパーを発行していきたい」と話している。

 千部発行。各大学などで無料配布。NOTE=0948(52)3244。

※〓は「E」の左右を反転

=2019/03/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]