認知症患者2万7000人に 昨年、飯塚記念病院 「運転」の相談急増 [福岡県]

飯塚記念病院での診察を終え、家族が運転する軽トラックに乗り込む認知症の疑いがある男性と見送る病院関係者
飯塚記念病院での診察を終え、家族が運転する軽トラックに乗り込む認知症の疑いがある男性と見送る病院関係者
写真を見る

 団塊の世代が全員75歳以上となる2025年、認知症患者は全国で700万人、筑豊地区では2万7千人に達するとみられる。12年の認知症患者は全国で約462万人だった。高齢化が進み、認知症患者が急増する中、課題の一つとなっているのが「認知症と運転」だ。

 昨年11月26日、飯塚市の飯塚記念病院。市内の男性(89)が認知症検査の診断結果を聞いていた。1人暮らしの男性は嘉麻市の介護施設に入所する妻に会うため、軽トラックをほぼ毎日運転。この数年で車体を傷だらけにし、自宅倉庫にぶつけ、縁石に乗り上げてタイヤホイールを曲げた。

 家族は軽トラックを隠したこともあるが、男性が警察に盗難届を出したため元に戻した。長女(67)は「人様にけがさせるのが一番心配。父が健康なことが喜べない」とため息をつく。

 検査の結果、脳の前頭葉が萎縮し、認知機能が低下していた。家族は同病院の専門相談員やヘルパーらと話し合いを重ねた。警察が間に入ったこともあり、男性は4月の免許更新時に返納を約束したという。

 17年施行の改正道路交通法では、75歳以上が免許更新する際に認知症検査、さらに認知症の恐れがある場合は医師の診断を義務付ける。認知症であれば、公安委員会の判断で免許取り消しなどとなる。

   ×    ×

 飯塚記念病院は、直方市の直方中村病院、田川市の見立病院とともに、筑豊に三つある県認知症医療センターだ。

 飯塚記念病院では、認知症に関する受診相談は昨年4月から12月末までに235件あり、うち運転関連は17件。それまでは年数件という。認知症が疑われるが運転をやめず、飯塚署へ情報提供したのは冒頭の男性の場合を含め3件あった。

 県の推計(17年)によると、25年の「認知症高齢者」は、嘉飯桂地区約1万2千人、田川市郡約8千人、直鞍地区約7千人。3地区とも75歳以上人口の3割を超える。

 認知症や高齢者を巡ってはさまざまな支援態勢が整備される一方、交通手段の制約など生活に直結する悩みは少なくない。同病院の豊永武一郎院長は「(筑豊は)医療機関の数の上では恵まれた土地だが、社会全体で高齢者が暮らせる環境を考えなければいけない。まずは認知症になりにくくなるように、健康寿命を伸ばすことが大事だ」と話した。

=2019/03/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]