有名お笑い芸人が飯塚ライブ 31日、地元出身の初恋タローさん企画 [福岡県]

ライブをPRする初恋タローさん
ライブをPRする初恋タローさん
写真を見る
お笑いライブのチラシ
お笑いライブのチラシ
写真を見る

 飯塚市(旧頴田町)出身のお笑い芸人、初恋タロー=本名・高森敬太=さん(36)が企画するお笑いライブが31日、飯塚市飯塚のコスモスコモンで開かれる。ロバートやタカアンドトシ、チョコレートプラネットなど人気芸人が登場。初恋タローさんは「筑豊では生で見る機会のない芸人たちのネタを楽しんで」と話している。

 日新館高を卒業後、九州産業大に進学。大学1年のとき、友人に誘われ、漫才コンクール「M-1グランプリ」予選に参加し、福岡よしもと事務所の当時の所長に見初められ、コンビでデビュー。1カ月後に深夜番組のレギュラーが決まり、順風満帆…と思いきや、相方の行方が分からなくなった。

 6年間ピン芸人として活動し、一念発起して上京。同じ事務所に所属し、同時期に上京した熊本県出身のこうすけさんとコンビを組んだ。「初恋タロー」は2人のコンビ名であり、高森さんの芸名でもある。

 漫才では初恋タローさんがボケ、こうすけさんがツッコミを担当。劇場で漫才を披露するほか、ラジオ番組に出演したり、コメディーの舞台に携わったり、幅広く活動している。

 地元でのライブは5回目。最初の開催は2012年で、高校時代の恩師に誘われ、飯塚市の本町商店街にあった井筒屋サロンで開いた。これまでペナルティーやチュートリアルなどテレビで活躍する芸人が会場を沸かせてきた。

 実家の会社に実行委員会事務局を置き、地元の友人たちがポスター貼りなどで協力する。「感謝しかない。生まれ故郷を東京でPRできるように、日々頑張りたい」と気持ちを新たにしている。

 午後1時開場、2時開演。前売り3600円(全席指定、当日500円増)。

=2019/03/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]